★みんなヘルニア仲間(3)★頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア


[リストに戻る] [楽楽トップに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
OPLL、術後の目眩について - そろくら 2018/09/09(Sun) 20:09 No.7574
 ├ Re: OPLL、術後の目眩について - リバーサイド 2018/09/12(Wed) 11:56 No.7575
 ├ Re: OPLL、術後の目眩について - そろくら 2018/09/12(Wed) 16:38 No.7576
 ├ Re: OPLL、術後の目眩について - そろくら 2018/09/24(Mon) 17:27 No.7578
 ├ Re: OPLL、術後の目眩について - 楽楽 2018/09/25(Tue) 21:48 No.7580
 ├ Re: OPLL、術後の目眩について - そろくら 2018/10/04(Thu) 22:32 No.7581
 ├ Re: OPLL、術後の目眩について - まねき猫 2018/10/05(Fri) 00:00 No.7582
 └ Re: OPLL、術後の目眩について - そろくら 2018/10/07(Sun) 00:21 No.7583

OPLL、術後の目眩について 投稿者:そろくら 2018/09/09(Sun) 20:09 No.7574
スレッドが長くなったので新たにその後について書き込みします。

土曜日に合気道初段もちの息子が着替えを持って来てくれました。そこでリハビリについて話したところ、「お母さん、力んで身体つかってるんじゃない?」と私の身体の動かし方を見て、合気道の首肩に負担をかけない身体の動かし方をレクチャーしてくれました。いつも後輩に指導しているそうです。

それこそ部屋のスライドドアの開閉、モノの握り方、歩き方…特に歩き方については不安があったので息子が教えてくれた方法だと身体が安定して歩けたので目からウロコでした。

古武道とかで検索するといいかもしれません。
合間にリハビリで習った筋肉を動かす体操もしていますが効果は絶大でびっくりしています。

今までやってきた使い方を変えるのはとても大変ですが…身近なところに達人がいたので(^^;少し自信がつきました。

手術によって自分の弱いところが丸裸になり、これが自分…と受け入れる日々となってきました。貴重な経験です。H先生、優しい看護師さんたちに励まされております。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:リバーサイド 2018/09/12(Wed) 11:56 No.7575
twitterを見ていたら、個室に移られたんですね。
4人部屋は女性ばかりでしょう。
かなりデリケートなんですね!

自分も入院後半で個室に移動しました。
でもそれは、イビキがうるさいと周りからの苦情による院長の計らいです(笑)
個室は風呂付で快適でした。
自分も、血圧が低いからなのか立ち上がるときに眩暈が頻発する時期があります。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:そろくら 2018/09/12(Wed) 16:38 No.7576
術後のしんどい1週間は自分のことに精一杯でまわりは気にならなかったのですが、音楽やってるせいでしょうか。回復するにつれ、ちょっとした物音に敏感になってしまいました。

面会時間外に来て、ずーーーっとしゃべってるのにはまいりました。床が硬いので囁き声でも響く響く…。その人が退院していった途端に調子が良くなったんです。

日曜午後から火曜午前まで1人だったので尚更、個室へ移りたいと思いました。

さすが高い方の個室、ドアが重く遮音性が高いのでとても静かです。久しぶりに深く昼寝が出来ました。目眩も今のところは起こっていません。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:そろくら 2018/09/24(Mon) 17:27 No.7578
9/22(土)に退院しました。前日の朝早くH先生がみえて「ご飯もちゃんと食べてるし顔色もいいね!」とOKもらいました。ただ目眩がまだあることを伝えると「そうかー、とにかく動いてね」と。

病院で耳鼻科受診もして、「大きな手術だったので三半規管が弱っている、飲んでいる目眩の薬では治らんよ、休む時に休んで動ける時に動く」と言われました。簡単な目眩の検査もして異常なし。

以降、退院まで自分ができるあらゆる努力をしまして。退院2日前にはH先生から「普通じゃん!」と言われるまでになりました。脳神経外科は4人のチームで動いているのでその時点でH先生、他の先生から退院許可が出てるのをご存知なく(苦笑)看護師さんから聞いた話ではH先生はPCが苦手だそうなのでチェックされてなかった模様。

帰宅してからは先生の指示を守り、毎日掃除しています。階段が怖かったのですが、手すり使いつつもだいぶ軽やかに動けるようになってきました。目眩も減ってきています。やはり睡眠の質がぐっと深くなりました。街中なので外の音とかうるさいんですけれどそれでも眠剤なしで眠れています。

次の目標は外に出ることです。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:楽楽 2018/09/25(Tue) 21:48 No.7580
そろくらさん、
ご退院おめでとうございます!

大きな手術だったようですね。
H先生から「普通じゃん!」って。なんか面白そうな先生のよう。
普通に見られることが、良くなった、元気になった、って証ですね。

目眩も減って、眠剤なしでぐっすり眠れていらっしゃるご様子。
回復も早そうですね。

どうしても、街中では外の音がうるさいですよね。
うちも同じくです。

外出されるのも早そうですね。
そろくらさんのクラリネットのソロ演奏も楽しみになってきましたね♪

どうかおだいじになさってくださいね〜
またお待ちしています。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:そろくら 2018/10/04(Thu) 22:32 No.7581
>楽楽さん、ありがとうございます。

退院までのラスト10日間、1日8640円の個室におりました。実は個室へ移る前日の夕食時、パニック障害のような発作を起こしまして。最初は心臓が急にドキドキし始めて「あれ?おかしいな」と思っているうちに胸が痛くて呼吸も苦しくなり、ナースコールした後に酷い目眩で血圧が170いくつとかで、、それが落ち着いてからも立ち上がれなくなりました。トイレに行きたくなったのですが車椅子でしか移動できず。

大部屋のストレスで夜もよく眠れずにずっと緊張状態だったのが原因だと思いました。ダメもとで希望したら運良く1つだけ空いていて高い方のお部屋でした。看護助手さんから普段はなかなか個室は空かなくて移れて良かったねと。

そんな状態だったので夜遅くにH先生が顔を見にきてくださって(翌日から学会でいないということもあったのですが)「どんな手段でもいいからとにかく動くしかないよ」と言われました。

そこからはもう毎日リハビリに通いつつ、「ずぼらヨガ」やったり、体操したり、美顔器使って首肩の血流を良くしたり、不安になったら廊下往復したり。自分でも頑張ったと思います。

ただ退院後も「あの発作が起きたらどうしよう」という不安があるため、少しでも外出先でおかしいなと思ったらムリをせずに帰るという選択をしています。

「できた」ということを繰り返し、今日はゲートタワーの漢方薬局まで行ってくることが出来ました。それも名駅の人混みの中を歩いて、です。少しフラつきもありましたが自分としては快挙です。(自宅から名駅まで歩いて10分ほどの距離です)

今月末の再診まで頚椎カラーをしなければならないので楽器再開はまだ先ですけれど。

I市民病院の脳神経外科の看護師の方々にも励まされました。病院の方針なのでしょうか。患者と相性のあう看護師が担当となるようシフトが組まれている印象を受けました。男性看護師が5人いて、その中でも特に印象に残ってた方が退院前日に担当してくれたのは嬉しかったです。

来週から仕事に復帰します。元々午前中だけの短時間勤務なのでゆるゆると。再診は今月29日です。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:まねき猫 2018/10/05(Fri) 00:00 No.7582
そろくら さん

手術が成功されたとの事の様で、本当に良かったです。
これからのリハビリも楽しみに変わってくるんじゃ無いでしょうか。

2度ほど、H先生に診察して頂きましたが、
そろくら さんが仰る様に、看護師さんの対応は親身なものでした。

在住する市民病院の方に稲沢市民に見学に行くことをおすすめした所、
なんと、すでに行ってきた様でした。
どうやら、病院間でも患者さんへの対応等の評判が伝わっている様です。

次回はの再診は10月の23日……..・。

Re: OPLL、術後の目眩について 投稿者:そろくら 2018/10/07(Sun) 00:21 No.7583
>まねき猫さん
ありがとうございます。リハビリは1日ごとに出来ることが増えて、あとは再診で1人で病院まで行けることが最終目標か、というところです。


I市民病院についてもう少し書き込みます。

入院1日目、つまり手術前日は慌ただしかったです。
病棟の看護師さん、HCU(ハイケアユニット)の看護師さん、手術室の看護師さんからの挨拶及び説明が次々にありました。これは手術するすべての人へやっているようで中には麻酔医が挨拶に来てる人もいました。

私の場合、麻酔医は来なかったのですが、当日手術台の上で気さくに話しかけてくださり、意識がなくなるまでリラックスすることができました。また手術室の前で前日に挨拶にこられた看護師さんの顔を見て緊張も和らぎました。

病棟の看護師さんについて
基本「今日担当します○○です」と挨拶に来られます。
術後、喉が腫れ上がり、痛くてモノが飲み込みづらくなった時に食事を普通食からお粥へ変更しようか?と提案してくれたり、私の不安を汲み取って共感してくれた上で自信がつくように「大丈夫」と励ましてくださったり。。精神的支柱でした。

H先生もめちゃくちゃお忙しいのに朝か夜、時間を作って回診されてました。どんだけタフなんだ〜と思いました。ちなみに私の手術は難しいけれども…骨化が4椎間の人と比べられていて…凹みも少ないしオーアームを使わなければ4時間半でやれるけど万全を期すために6時間かかると説明されました。

H先生がお忙しいので、土日に他の先生方が回診されます。印象に残っているのはドレーンを抜く処置をしてくださったM先生。ムロツヨシに似てるーと思いました。退院当日にみえたので「ホチキス痛かったです」と伝えたら苦笑してらっしゃいました。あとは笑顔が素敵なイケメンのA先生と一言二言しかお話しできなかったY先生がいらっしゃいます。

忘れられないのがHCUで過ごした夜。あれは一生忘れません。ドラマはやっぱりドラマだ、これは現実だー!と急患で運ばれてきた患者さんが痙攣起こしてカーテンの向こう側が修羅場になってるのを経験しました。

4週間の入院となりましたが、あっという間でした。
私は自宅が街中なので病院西側の一面の田んぼの風景が好きで写真撮りまくってました。特に夕方はとても美しい景色が見られます。

最後に術後の回復は人によって様々ですが、これから手術を受けられる方へ。
余裕があるなら個室をオススメします。4人部屋だとカーテン1枚でしか仕切られてませんし、人の出入りが激しいことや他人の出す音がこんなにもストレスになるとは思っていませんでした。

[リストに戻る]


- 返信フォーム-

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
居住地   [地域参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

- 記事修正&削除フォーム
処理 No. 暗証キー