★みんなヘルニア仲間(3)★頚椎・腰椎


[リストに戻る] [楽楽トップに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
人工椎間板について - はなまる 2017/11/01(Wed) 21:59 No.7120
 ├ Re: 人工椎間板について - とまと 2017/11/03(Fri) 19:02 No.7123
 ├ Re: 人工椎間板について - 楽楽 2017/11/03(Fri) 19:45 No.7125
 ├ Re: 人工椎間板について - はなまる 2017/11/03(Fri) 20:50 No.7126
 ├ Re: 人工椎間板について - とまと 2017/11/03(Fri) 21:42 No.7128
 ├ Re: 人工椎間板について - はなまる 2017/12/13(Wed) 23:59 No.7228
 ├ Re: 人工椎間板について - 楽楽 2017/12/15(Fri) 23:10 No.7229
 ├ Re: 人工椎間板について - ちゃおたか 2017/12/16(Sat) 00:40 No.7230
 ├ Re: 人工椎間板について - 楽楽 2017/12/16(Sat) 18:47 No.7231
 ├ Re: 人工椎間板について - まねき猫 2018/01/31(Wed) 18:36 No.7308
 ├ Re: 人工椎間板について - タイガーマスク 2018/02/01(Thu) 09:30 No.7312
 ├ Re: 人工椎間板について - リバーサイド 2018/03/08(Thu) 03:05 No.7380
 └ Re: 人工椎間板について - ジョンジョン 2018/05/21(Mon) 16:55 No.7467

人工椎間板について 投稿者:はなまる 2017/11/01(Wed) 21:59 No.7120
人工椎間板を考えている方、体験したかたおられますか?

Re: 人工椎間板について 投稿者:とまと 2017/11/03(Fri) 19:02 No.7123
はなまるさんへ

人工椎間板は、YOSHIKIさんがされた手術で
まだ日本でやっていないですよね?(ドイツや
アメリカではやってるそうです。)
海外での手術だと、ちょっとお高いかな。
掲示板でやられた方がいましたら私も情報知りたいです。

確か、来年から(何月からかは未定)日本でも保険で出来るようになると聞きました。
しかしながら、何人かの医師に限定されるそうです。

前に先生から「人工椎間板はチタンより稼働が良い。」と聞いた気がしましたが??、自分は来年の何月から出来るか分らないと聞いた時点で難しいと判断して聞き流してしまいました。(すみません)
「日本第1号」になるので、その辺どうなのかかなぁって
感じですよね。もし手術がまだまだ先のお話なら、他の手術患者さんのご様子を見て手術を検討されても良いかもしれないです。

ちなみに私は、激痛に待てず、先月オペしました。

Re: 人工椎間板について 投稿者:楽楽 2017/11/03(Fri) 19:45 No.7125
はなまるさん、
人工椎間板置換術について、
以前に、韓国の事例で書き込みがありました。
人工椎間板置換術を[ワード検索]していただくと、ご覧いただけます。
たしかに日本ではないので、この手術をやられた方はあまりいらっしゃらないかもですよね。

とまとさん、
先月、手術をされたのですか!
どこの病院で、どのような手術でしたか?
その後、如何ですか?

Re: 人工椎間板について 投稿者:はなまる 2017/11/03(Fri) 20:50 No.7126

とまとさん、

近々国内で第一例の人工椎間板置換術が行われるとは某ブログで読んだのですが、保険適用されるとはにわかに信じがたい話なのですが。
国内外を問わず体験者の情報のフィードバックが非常に少ないですね。

楽楽さん、

過去ログは色々見させて頂きました。
体験された方、韓国でADRをやって人工椎間板の上下椎体が術後癒合されてしまったそうですね。
様々なやり取りも拝見させて頂きました。
高額なお金の問題、海外で手術することの不安感、日本の医者もADRについて知識を持っていないため、彼らに相談しても詳細な予備知識を得られない等の問題があると思います。

私自身は椎間孔狭窄や馬尾症状等神経症状はそれほどでもないので手術適応から外されています。
しかし、腰痛、立っても座っても痛いので就労不可。
L3/L4の椎間板がなくなっており一度の後方滑りがあります。
L5/S1の椎間板も前後に膨隆して脱出して傷んでいます。
滑りの部分で骨棘の発達が著しくL3/L4で脊柱管を圧排しており、
これを放置して悪化するまで待つ選択はないと判断しました。

既に日本の医療機関では見放されているので、今後海外で医療することになれば、情報を少しでもフィードバックさせて頂きます。

Re: 人工椎間板について 投稿者:とまと 2017/11/03(Fri) 21:42 No.7128
はなまるさんへ

はなまるさんは腰椎なんですね。
私は頸椎の病気なので、頸椎かと勝手に勘違いしていました。
(すみません)

私は、夜も眠れない激痛の中で、先生から説明を受けたので、絶対かどうかは不確かです。

もし、今後、海外で治療されるようでしたら情報お願い致します。

Re: 人工椎間板について 投稿者:はなまる 2017/12/13(Wed) 23:59 No.7228
韓国のウリドゥル病院で診察、医療相談をしてきました。
通訳が入っての話なので、微妙なニュアンスに関しては保証できないのですが、
まず彼らは数年前に腰椎のADRを止めています。頚椎に関してはしているそうですが、私自身の気持ちとしてはあの病院での頚椎ADRをおすすめできません。
彼らは腰椎ADRの技術を習得出来ずに、患者の人工椎間板を何人もパンクさせたようです。
頚椎はまた違う手術ですし、あそこで手術を受けて経過良好の方もおられるようですが、推して知るべしの一言でよいのではないでしょうか。
過去行かれた方には申し訳ないけれど、日本人が高額な医療費を払ってわざわざ手術を受けに行くほどのレベルの病院ではないと思います。

Re: 人工椎間板について 投稿者:楽楽 2017/12/15(Fri) 23:10 No.7229
はなまるさん、
えー!、韓国のウリドゥル病院に行かれたのですか!!
ご相談をされただけで手術は止められたのですね。
止めて良かったと思います。

kanepupuさんが韓国で手術をされて大変な目に遭っていました。
その件の闘病記をkanepupuさんご自身が書き上げてくださったのだけど、その直後に別件で問題が発生したため、kanepupuさんのお辛いお気持ちを尊重して、それ以来kanepupuさんの闘病記はずっと休止状態となっています。
kanepupuさんが公表してもよいとおっしゃるのなら、直ぐにでもアップしたいと思っているのですけどね…。

Re: 人工椎間板について 投稿者:ちゃおたか 2017/12/16(Sat) 00:40 No.7230
人工椎間板の手術を受けるなら、ドイツでしょうか?
近さなら韓国がよいのだか、もちろん日本で出来ればベターですが。

Re: 人工椎間板について 投稿者:楽楽 2017/12/16(Sat) 18:47 No.7231
ドイツですか!
韓国にしてもドイツにしても、通訳を介してのやり取りは不安ですね。
コーディネーターも同じと思います。

実は、kanepupuさんの闘病記でも海外で手術を受ける上での問題点やリスクなどを書いていらっしゃいました。

Re: 人工椎間板について 投稿者:まねき猫 2018/01/31(Wed) 18:36 No.7308
はなまるさん

人口椎間板ですね
そう言えばたまたま先日診察に行った病院のH先生が
人口椎間板の保険適用が認められたので人口椎間板置き換え術をされていると言ってました。
厚労省と細かな決め事をしならがも日本でも保険適用で始まっているそうですね。

注意事項は:過去に頚椎の手術をした経験のある患者さんは保険適用外
それと保険適用は1椎で、2椎の手術は適用外との事でした。
私は今まで2回神経根術をやってもらってますので適用外ですが….
将来的にはどうなるかはわかりませんがね、。

他ではヨーロッパが良いとも言っておられましたが、
国内では2椎しようと思うと保険適用外になってしまって
自費でやってる所は有るけど、500万ぐらいみたいでしたよ

Re: 人工椎間板について 投稿者:タイガーマスク 2018/02/01(Thu) 09:30 No.7312
人工椎間板置換術(ADR)について、私の考えを述べます。
今までにソウル、バンコク、ドイツでADRを施行された日本人患者さんの診察をしました。ソウル、バンコクでのADRは、人工椎間板の位置がど真ん中に入っていないため、上下の椎体が癒合し、可動性を消失、固定術と同様になっていました。例えば、ソウルの例では、人工椎間板が右に寄っていたため、人工椎間板の左側に隙間が広くあり、そこで上下椎体が自然癒合していました。ドイツの例では、2椎間人工椎間板が入っていましたが、ど真ん中に設置されていて、可動性も保たれていました。さすがは几帳面なドイツ、という印象でした。ソウルやバンコクが皆設置が偏っていると言っているわけではありませんが、執刀医が術後もずっとfollowするならば、もう少し真ん中に入れるだろう、と感じました。つまり、外国人なので、術後に問題が生じてもどうせ文句言ってこれないだろう、ていう感じです。
手術適応は、頚椎ならば、頚髄圧迫例に限るべきです。というのは、ドイツでの患者さんは、術前症状が神経根症なのにADRを施行されており、300万かけても症状が改善せず、私がMacFで人工椎間板の脇を削りました。コーディネーターが関与しており、ドイツへ渡る時点でADRありきになっているので、向こうでの診察や説明、手術適応や術式の選択が心配になります。有名なYさんは、ロスでADRを行いましたが、左神経根が除圧されていないので、まだ症状が取れていませんね。無理していないので少しずつ改善していますが、それは保存的治療の効果であり、ADRの効果ではありません。
以上から私が考えることは、
1.まず診察、診断が正確なことが大事。(ここに問題が多い)。
2.自分の症状の説明、医師の説明の理解が通訳を介さずに可能なこと
3.人工物を入れる手術は、通院可能な施設を選ぶこと(除圧だけの手術と異なり、感染、移殖物の不具合などのリスクがあります)
4.国民性が異なると、考え方ももちろん異なるということ
などが重要だと思います。
私が行うような除圧術には除圧術の利点があり、固定術には固定術の利点があり、ADRにはADRの利点があります。そして、それぞれ欠点もあるわけです。新しい術式は、経験値が積み重なって、改良を重ねてから受けられるのが望ましいですね。その意味で、どの術式であっても、その医師の経験値というのはすごく重要なのです。
(XLIFでの死亡事故は、経験値の不足ですね。)
私見なので、ご参考まで。

Re: 人工椎間板について 投稿者:リバーサイド 2018/03/08(Thu) 03:05 No.7380
まねき猫さんが紹介されたH先生とは稲沢市民病院のH先生ですか?

病院のHPに人工椎間板手術の案内が貼ってありました。
http://www.inazawa-hospital.jp/pdf/cervical.pdf
http://www.inazawa-hospital.jp/guide/nouge.html

Re: 人工椎間板について 投稿者:ジョンジョン 2018/05/21(Mon) 16:55 No.7467
今現在術後約二年

やってよかった面もあり悪い面もあるのが正直な感想です。

[リストに戻る]


- 返信フォーム-

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
居住地   [地域参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

- 記事修正&削除フォーム
処理 No. 暗証キー